8×10=80 ということではない。

柿右衛門窯を撮りに有田へ。

今回はいつもの撮影に加えて

 

IMG_8010

 

 

ジャジャーーーン!

8×10でポラロイド撮影!

 

師匠はともかくカメラがかっこよすぎる〜!

黒い布被って撮りよらした。

 

 

IMG_8014

 

 

 

シビアに撮影しよらす。

 

めちゃめんどくさかったけど、やっぱりよかですね。

シャッターの重みを痛感した3日間。

 

 

8月の写真展で少し出せたらいいなー。

 

 

IMG_8018

しかし有田は北九州より寒かった。

 

朝、あまりの寒さにジッとしてられなくて、木寺氏の実家の裏手にある師匠の幼馴染の家まで散歩したのですが、水瓶の水が凍っとる……まぁまぁの厚みで。

 

寒い地域の皆さんにはなんということもないことだと思いますが、私の家の辺りでは見たことがありません。

 

さむーーーーーーーー!

 

 

IMG_8021

有田ダムはさすがに凍ってません。

が、木々についた霜が太陽の光で溶けてパラパラ落ちてくる音がなんとも心地よく、しばらく佇んで決心した。

 

夏の木寺写真展の時は藤原写真展も裏企画で開催しよう。

テーマはもう決まっとる。

 

藤原ゆき枝写真展「根暗」

乞うご期待!

 

期待せんか。

すんません。

 

 

朝イチ戻って怒涛の撮影ラーッシュ!

最後は八幡西区木屋瀬の「餃子の善助」

 

 

IMG_8027

 

なのに七輪炭火焼の写真しか撮ってなかった〜〜〜!

ごめん〜〜〜〜〜!

 

 

IMG_8028

 

撮影後、そっと出されたビールを飲んで上機嫌の木寺氏。

最近この首無し写真がお気に入りだそうです。

 

 

まじどーでもいい。

 

次回は真面目に書きます。

 

 

じゃーの!

 

 

藤原

告白

とある日の午後

めずらしく後輩(男の子)から「飲みに行きましょう」

と突然LINEがあり

仕事を終えて指定された居酒屋に行きました。

店に入るともう一人後輩(女の子)がいました。

しばらく三人で思い出話を肴に飲んでいると、後輩(女の子)が僕のマフラーを観て

どこか言いづらそうに言いました。

「懐かしいですね、そのマフラー。」

なんのことかわからない僕に彼女は続けました。

「私が寒がってた時に、

貸してくれましたよね、、」

自分では覚えてなかったけど、そんな少し男前な先輩をやってのけた過去の自分を

誇らしく思いながらビールを飲み干しました。

またその子が言いました。

「実はあの時、

マフラー臭かったんです」

ぼくは女の子に臭いマフラーを渡しておいて、かっこいい事をやったと誇らしく思っていたんですね。

 

明日はバレンタインデーです。

BGMは「勇気100%/光GENJI」_MG_5930

おわり

Shun Rockfield

 

 

別れの時

今、電車に揺られる私の脳内では数十年前に卒業式で歌った曲が流れている。
別れの時が〜

いーまーーせーーまるーー
さーよーーなら友よ〜〜

さーよーーなら友よ〜〜(友よ〜)
忘れ〜ないこの日を〜〜

いーつーーまーでも〜〜

泣きそうだ。
ファンヒーターが壊れたんだ。
もう少しで春が来るこの時期に。

来年で20歳だったのに〜〜!
だってメーカーが

サンヨーだからねーー!
パナソニックさんに吸収される前だよねー!

しかも、今時のファンヒーターは

eco

って当たり前のように書いてあるが、ceoと見間違えたらどうするんだ!19年前のファンヒーターは

節約
その方がわかりやすいぞ!
最高経営責任者とは間違えようがないよね!

そしてもう一つ、声を大にして言っておこう。

換気してねのこのマークさ、

昔の方がわかりやすいぞ!

だからどうだというわけでもないが。

別れの前に写真撮ろう。

こらー!とらーー!

邪魔すんじゃねーーーー!

19年前、極貧時代。

まだ1歳だった息子きずなくんが風邪引かないように、一番安くなってた小さい彼を清水の舞台から飛び降りるつもりで買った雪の日を私は忘れないよ。

19年、我々親子を暖めてくれてありがとう。
さようなら、ファン君。

休暇と言う名の出張

こんにちは。

木寺氏がインフルエンザで大迷惑を被っている藤原です。

 

 

先日、正月休みを取って東京に行ってきました。

 

20170129-IMG_3595

 

おぉ!花の都!なんか全体的に茶色いけど!

 

花の都っつーんだから、みんな屋根ピンクとか黄色とかにしたらどうでしょうねぇ。どうせ上からしか見えないんだから。国策としてどうでしょう。東京都議会にぜひ問題提起だ。

 

 

半分以上仕事だったんですけどね。

 

この人とも真面目な仕事の話で会いました。

 

 

IMG_7947-1

 

 

 

 

ユー字!木寺の後輩カメラマンで私に雷くそばばーと言う名前をつけたアホ!

 

でも今回は真面目に打ち合わせ。

 

なのにスケジュールに「2/27〜3/2オニデビル」と入っているのを見た。

貴様、なかなか覚悟があるのう。

 

 

 

 

IMG_7946

 

東京は線が多い。

 

そして漫才の相方で職業「ヴァガボンド」てんぎょうのモーニングカフェ。

 

20170131-IMG_3613

 

 

大体どこか遠い国に放浪の旅に出てていないんですが、今は東京にいます。そしてこっちにいる間だけカフェしてます。

 

台東区谷中1−1 「桃と蓮」

青い看板が出てたら空いてます。

一応無休のつもりらしいです。

Facebookで「Tengyo Kura」と検索したら出てきます。

雷の紹介です〜と言ったら嚙みつきません。

 

いい出会いもありました。

 

IMG_7948

ヤマトくんとアスカちゃん。

ヤマト時代とアスカ時代。

 

ご縁に感謝。

休暇を仕事にしてくれる社長に感謝。

帰った早々インフルエンザになってくれた社長に感謝。

 

私たちは木寺さんのおかげで生きています。

 

 

じゃーの。

 

藤原

 

呪いだと思うね。

冷たい雨が降っていた昨夜。

運転席についたら、フロントガラスの雨粒が街灯を写してとても綺麗だった。

 

170120_1

なんてことない瞬間を美しいと気付けて嬉しい。

 

 

 

 

というようなことを昨日に続き真面目にカッコよく詩人的なブログ書こうと今朝iPhoneの写真をパソコンに送ったのだが。

 

 

170120_2

 

どうしても中央の雨粒2滴が「目」にしか見えないんだ〜〜〜〜!

昨日はあんなに綺麗だと思ってしんみり撮ったのにさ〜〜〜〜〜!

 

 

呪いだと思うね。

木寺氏の。

 

 

そんな一日。

みなさん今日もお疲れさんでした。

 

じゃーの!

 

藤原

たまにはちゃんと書こう

 

いつか必ず命の旅が終わることを知っているからこそ、世界は美しく見えるのでしょうか。

 

20170117-IMG_3572_4

 

 

私の父はパイロットでした。

毎朝父が出勤する時は必ず自作の「握手の歌」を歌いながら父と握手をして送り出すのが日課でした。毎朝、パパに会うのはこれが最後になるかもしれないお仕事なんだと小さな頃から教えられていたからです。実際に、帰ってこなかった同じ官舎のパイロットもいたからこそ、母たちにとっては他人事ではなかったのでしょう。

 

今思えば、それは飛行機乗りに限ったことではありません。

また会えるなんて約束はどこにもないのですから。

 

未来は必ずしも待っているとは限らない。

だからといって、どうせ生きてるかどうかわからないのだからと投げやりに刹那的に生きればいいとも思えない。

 

さぁ、どうしましょう。

 

大切にする。

それしか思い浮かばんのです。

 

当たり前の毎日も。

目の前の仕事も未来の夢も。

愛する人も。

自分自身も。

 

大切に生きてみようか。

 

 

世界は今日も美しいのだから。

 

 

織田信長公の墓前で見上げた空。

雪が降る中、太陽が顔を出しました。

 

空を見上げる時間を作ろう。

 

じゃーの

 

藤原

 

 

 

岩ちゃんと

寒いすねー。

雪降ったし。

今日は岩ちゃんとパーティ参加中です。

カメラマンはやはり撮らずにはいられない。

偉いなぁ!

明日もパーティだね我々は。
ところで岩ちゃん、ずーっと髪が

立ってるよ。

ゲゲゲよ。

もちろん私はひたすら飲むだけ。

さいなら〜〜

藤原

残念ながら今回は

 

木寺氏しかネタがありません。

すみません。

 

ここ数日、繁忙期過ぎて年明け閑散期のはずが、全員仕事に追われ残業続きです。そのためあまり写真を撮る余裕がない。

 

 

昨日、天才木寺画伯の絵を戴きました。

ありがとうございます。

 

 

 

右下の「Ki」って黒田征太郎さんの「Ku」の真似ですよね。

 

祈りボケモン松本が、台紙用のマット(この額縁部分です)のカットをアホかっつーぐらい失敗しまくりまして、その失敗作を活用するべく画伯が絵を描いたようです。

 

地球に優しいFU.ですから失敗作を無駄にしない心意気は非常に素晴らしいですが、経理作業にメチャ追われている時に「クレヨン探して」とか「これはなんでしょう?」とか「象だと思ったやろうけど本当は割れた磁器の形でした〜!」とか矢継ぎ早やに言われるとムカつくので静かに描いてください。

心からのお願いです。

クレヨン置いときますから。

 

 

打ち合わせ帰りに「車停めて〜〜〜〜〜〜〜!」と突然叫ばれ危うく事故するところだった門司の海岸沿い。しかも夕方交通量の多い時間。

 

写真撮るのは最高にいいことですが、突然叫ぶのはやめて下さい。

これも心からのお願いです。

 

 

「おぉ!懐中電灯が見つかった!これで停電になっても安心しなさい!」

 

FullSizeR「スナイパーキデラ!!(と自分で叫ぶ)」

 

 

 

あー、そうですね……

 

それどう見てもレーザーポインターですけどね。

 

まぁなんでもいいです。

 

レーザーポインターを写すとこうなります。

 

FullSizeR 2

 

 

だからどうだと言うことでもないが。

 

 

これが我々の日常です。

 

 

疲れるのわかるでしょう?

 

 

 

じゃーの

 

藤原

 

小さな成人式から

まずは

新年あけましておめでとうございます

おかげさまでコタツ・みかん・ビックリマンチョコシール収集の日々から

無事社会復帰ができました

お正月というのは恐ろしいですね。

 

さて先日行われましたのは、

全国が注目する冬の風物詩

北九州市の成人式。

今年も盛り上がったみたいですね。

今年も美しい新成人の方々をさくさん撮影させていただきました。

ありがとうございました。rockfield-1 のコピー

 

 

10年前、

僕は成人式にはいかなかったんですが、(ひねくれていたので)

母に買ってもらった少し大きめのスーツを着て(まだ背が伸びると信じられて)

家の庭で親と写真だけ残しました。

 

当時写真はしていなかった自分からしたら、その事はほんの気まぐれだったのですが

今思うとファインプレーです。

残しておいて

本当によかった。

 

式典に行った、行かなかったとか

派手な衣装で目立たったりとか、

そのこと自体には大した意味もなくて

本当は小さな自見なところに意味はあったんだなぁ、と

10年経って思います。

 

あの時袖を通したスーツが

僕の体にフィットする日が

とうとうこないまま10年が経った今、思います。

 

と耽っていたら

写真を撮ってくれと言わんばかりに

几帳面に機材が準備されていました。

明日からはデザイナー雄一先生と広島に出張です

rockfield-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご安全に。

 

おわり

 

SHUN Rockfield

社長命令

 

我が社の代表カメラマン木寺さんは人類最高に素晴らしい方です。

かっこいいし頭もいいし頭もデカいし優しいし親切だし、背も高いし足も長いし髪も長いしヒゲも長いし気も長いし、天才だし写真以外も全て最高の素晴らしい方です。

まさに非の打ち所のない方です。

 

あけましておめでとうございます。

今年もFU.一同よろしくお願い致します。

全員で初詣に行った記念写真をブログに載せようか〜とボケモン松本と話していたら、木寺氏が「俺がどんなに素晴らしい人間かを新年なのでみなさんに紹介して」と言われたので書きました。

 

これで満足ですか木寺氏。

よかったね。

 

 

明日は成人式なので美容院と着物屋さんと写真館は大変な一日です。美容院で修行中の息子も今日はお店に泊まるらしいです。がんばれよー!

早朝から50件とか撮っていた時代に比べると、現代の成人式撮影はほとんど「前撮り」なので当日の撮影はめっきり少なくなりました。が、10数件とはいえ朝が早いので今日はもう店じまいします。

 

今年も夢で逢いましょう。

じゃーの

 

藤原