すこ〜しも寒くないわ〜

IMG_3355_2

 

他の景色が見えないように空だけを見ると、果てのない広くて大きな何かに包まれているような気分になるから好きです。

 

 

松たかこさんが私の頭の中で歌い続けている。

今日の七五三撮影中にかけていたあの曲…

 

 

な〜に〜も〜〜

こわく〜な〜い〜〜

風よ〜吹〜け〜〜

 

少〜しも寒くないわ〜

 

 

でもこれ、いい歌ですね。

 

 

アナと雪の女王といえば必ず思い出すんですけれども、保育園児の頃、お遊戯会の演劇でアンデルセン童話「雪の女王」をすることになりました。

 

主人公「カイ」に選ばれたのは、クラスで一番人気者の男の子。

女の子たちはみんな、カイを救うヒロイン役の「デルタ」が誰になるかドキドキです。

 

藤原ゆき枝ちゃ〜ん

なんと名前を呼ばれた!

うそ〜!やった〜!

ものすごく嬉しかったのを覚えている。

 

 

見事「雪の女王」役をゲット。

……悪役ですよねそれ。

なんだよお約束じゃんよそれ。

 

(とは思わなかったと思うけどかなりショックだったことは間違いない)

 

 

ものすごく悲しかったのを覚えている。

 

 

黒いマントに白のドレスに母の赤いネックレス。

雪の女王って主役よぉ〜〜!と先生に励まされながら(今思えば完全に気休め)、デルタにやっつけられてクルクル回りながら去って行ったことをよく覚えています。

 

子供の頃から雷くそばばーだったのか。

 

 

 

いろいろリセットしよう。

 

いつまでも、雪の女王やら雷くそばばーやら、そんな役回りばっかり引き受けなくてもいいでしょう。そろそろいいでしょう。

 

 

リセットとは

 

 

1. すべてを元に戻すこと。最初からやり直すこと。また、状況を切り替えるためにいったんすべてを断ち切ること。「両国の関係を―する」「風呂に入って気持ちを―する」

 

2.  機械や装置を、作動前の初めの状態に戻すこと。セットしなおすこと。コンピューターの場合、特に正常な動作をしなくなった時に、強制的に起動しなおすことを指し、再起動と区別することがある。

 

goo辞書より

 

 

ありの〜ままで〜

空に風に〜乗って〜〜

 

 

誰だって変われるよ。

今度会ったら花の妖精みたいになってると思いますが驚かないでください。

ルンルンと呼んでいただいても構いません。

 

 

 

人生は自分次第。

 

 

 

じゃーの。

 

 

藤原

止まない雨はないんだよ。

「いつもブログ楽しみに見てますよ〜!  ………最近投稿少ないけど(ちょっと小さな声)」

 

 

と会う人会う人に言われる今日この頃、皆様お健やかに秋から冬への季節の変わり目を楽しんでいらっしゃることと存じます。

 

 

でも、東北の友人たちはきっと怖い日々を送っている。

どうか続きませんように。

 

 

 

 

 

寒くなりましたねぇ。

急に。

東京は降雪とのこと。

関東のお友達の皆様、頑張ってください。

 

 

 

客人の多い今週、私に「雷くそばばー」と名付けたボケナスカメラマンゆーじ(漢字忘れた)が東京からやってきた。

 

 

FullSizeR 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥からなぜかカメラ目線の木寺氏、ボケナス、Gメン岩ちゃん、わたし。ノーメイクでお見苦しいですがすみません。

 

ちょっとだからいいやろ!

 

 

ボケナス、ビリケンに似とらんですか。

 

貴様のせいで柿右衛門窯でまで雷くそばばー呼ばわりされるんぞ!

 

覚えとけばかやろー。

 

 

しかし。

 

 

涙の後に笑いあり。

止まない雨はない。

必ず朝は来る。

 

 

ほんとだーーーーーーー!

ボケナスの後は優しい人ばっかりだー!

 

 

先日私が寝込んだことを木寺氏がFacebookに投稿していたらしく、アルバムを受け取りに来てくれたお客様がその投稿を見てアップルティーの差し入れをくれた!

 

FullSizeR 2

 

なんたる…!

女子と思ってくれてる………!

それだけで嬉しい!頑張っちゃうーーー!

 

 

しかもコロッケもくれた

FullSizeR

 

ワォーーーーーーー!

クリコロ美味し〜い!

頑張っちゃうーーー!

 

 

FullSizeR 4

アルバムを届けに来てくれたカイチくんとモリちゃんからは、カイチくんの描いてくれた絵をもらった!いつも絵手紙を持ってきてくれる。

 

 

FullSizeR 5

もぉーーーーーーーーーーーーー!

嬉しいや〜ん!

雷、頑張っちゃうーーーーーー!

 

 

早速デスク横に貼りました。

 

 

ちなみに向かって右が木寺氏、左が私だそうです。

ちゃんと首からカメラぶら下げてます。

 

 

子どもの存在とはなぜこうも疲れ汚れた大人の魂を元気ハツラツにするのか……!

 

 

直後、可愛い客人がもう一人アルバムを受け取りに。

 

FullSizeR 6

 

 

 

お腹の中にいるときから写真を撮っているココちゃん登場!

なんだそのハラペコあおむしくんは!

可愛いじゃないか!

 

 

階段を上ったり降りたり上ったり降りたり上ったり降りたりして散々笑わせてくれた後、ニコニコと帰って行きました。

 

 

 

忙しいと心が荒むと言いますが、荒んどる場合じゃない!

頑張らんばーーーーーーーーー!

 

 

えいえいおー!

 

 

 

 

ネタ拾いに行く時間がないと思ったら、たくさんネタの皆さんが来てくれて嬉しかったです。皆さんのおかげで生きてます。

 

 

もうひと頑張りしよう。

では仕事します。

 

 

 

じゃーのー!

 

 

 

藤原

 

 

木寺師匠の特技

一昨日の夜中から有田へ。

仕事は詰まっているんだが、今しかできないこともあるだろう。

 

 

※ブログの写真は全て藤原です。師匠の作品ではありません。

IMG_3477

 

 

 

 

 

 

 

 

木寺師匠が撮り続けている有田焼「酒井田柿右衛門窯」の、一年に二度程度しか行われない窯炊き。

 

 

 

IMG_3468

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝6時、お塩で窯の周りを清め、神棚に手を合わせて窯炊きは始まる。

 

 

 

柿右衛門窯の窯炊きに使われるのは赤松の薪のみ。

油も石炭も全く使わず1,300度まで温度を上げていく。

 

IMG_3458

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さーむいっすねーーー。

 

長い1日の始まり。

 

窯炊きは大体36〜40時間かかるのだ。

 

 

IMG_3463

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根から細く煙が上がるまで1時間以上かかる。

 

 

少しずつ少しずつ、炎を見ながら煙を見ながら職人さんたちは温度を上げていく。

 

 

 

朝の6時に火を入れて、夜中の12時までの18時間、少しずつ温度を上げながら900度をキープ。「あ、そこ少し強いから薪一本減らして」みたいな感覚は、400年もの長い時間、職人から職人へと受け継がれてきたもの。

 

 

時間の流れというのは目に見えないと思っていたけれど、ここには確かに流れがある。粛々と、淡々と、静かに静かに当たり前の数百年が見えるような気がした。

 

IMG_7604

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜中12時を過ぎたあたりから、「攻め炊き」と呼ばれる工程に入る。

この赤松の薪だけで一気に1300度まで温度を上げていく。

 

と言うのは易し、900度を1300度まで持っていくのにまた12〜14時間くらいかかる。その間ずーーーーーーーーーーーーっと炎を見ながらこの小さな穴を通して薪を投げ入れ続けるって、考えられんと思わんですか。

 

 

職人さんも木寺氏も私も、煤で鼻の穴まで真っ黒さ。

 

 

 

しかも柿右衛門の窯は大きいので、薪を投げ入れる位置(手前、真ん中、奥)のバランスを間違えると温度が偏ってしまう為、窯の上から上がる煙や炎を確認しながら必要な位置に投げ入れる。

 

 

 

なんなんだ!

この職人集団は!

 

 

 

本物だ、と圧倒された。

 

 

FullSizeR 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝早く窯の横を通る小径を歩くと、昨夜の雷雨と風で落ちた紅葉がまるで柿右衛門様式の器のようだった。

 

 

この当たり前の日常にある日本の美しさこそが、柿右衛門様式と言うことなんだと改めて思う。

 

 

それが当たり前の日常であることに感動する。

 

 

 

すると、窯の方から「藤原は昨日の雷雨より怖いから、いつも雷くそばばー鬼デビルって呼ばれてるんですよーあははは〜〜!」と楽しそうに職人さんたちと話す木寺師匠の声が聞こえた。

 

 

 

 

ぶっ飛ばす。

 

 

 

 

そんな男さ、木寺一路。

私の感動を一瞬で台無しにするのが特技です。

 

 

じゃーの。

 

 

 

 

藤原

週間早読みチェック

 

 

 

 

 

的な。

 

ブログ書けんでした。

ブログの神様すみません。

 

 

 

肉体的精神的疲労が…………

 

 

 

 

調子悪くても今まではどうにかなってきたんですけど、歳のせいでしょうか、体調が悪い時に木寺師匠の横で仕事するのが辛くなって初めて休みましたー。

 

 

いやー、家だと仕事はかどったー。

ご迷惑をおかけしました。

 

 

 

今、なんかこの数日気を失ってたんじゃないかってくらい「気付いたら一週間経っとる」的なことが多くてビビっております。

 

 

 

先日は木寺氏の写真展「記憶喪失」の主題歌を作ってくれて歌ってくれている引田香織氏のライブが裏のブリックホールでありました。

 

 

ライブ前にアップしろ!

私のバカ!

 

 

香織さんごめんね。

 

 

リハでしか聞けなかったんですが、彼女の歌声は本当に透明で美しい。

 

 

リハ中の香織氏

 

 

 

 

 

 

そしてこのCD、ジャケット写真は木寺師匠です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこに行ったら買えるのか聞くの忘れた!

聞いておきます(←どこまでも役立たず)

 

 

 

 

福岡で打ち合わせやら撮影やらも多い週でした。

 

でも、撮影の日は荷物多くて写真撮れんかった。

 

 

 

 

TAKAMI BRIDALの安藤さん

打ち合わせ中

タカミさんは着物がすごくいいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴメーーーン!

安藤さんも写っとったーーーーー!

 

 

 

 

 

そうこうしているうちにそろそろ年賀状のこととかも考えんといかん時期でしょう。来年はどんなのにしようかなぁ。

 

印刷しすぎて今年アルバム納品時のお手紙に使ってきた2016年賀状も、11月を持ってようやく全てなくなりました。

 

きっと来年は2017年賀状がお手紙に使われると思いますが、そんな私たちを許してください。地球に優しいFU.なのです。

 

 

 

 

木寺氏は相変わらず落書きばっかりしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近、いろんなことを考えています。

 

考える時間が必要ですね、大人には。

 

 

 

旅に出たいなぁ。

 

 

 

ではさようなら。

 

 

 

藤原

聖母マリアこと

藤原です。

こんばんは〜〜〜。

 

 

寒くなりましたね。

 

 

 

昨日は怒涛の家族写真日。

 

木寺師匠の写真は自分のブログ「俺は運がいい」でちょいちょいアップしてるようです。ここは素人ふじわらのばっかり。

 

なので、ちょっとブレてるけど気にしないでください。

 

 

 

IMG_3394

 

 

木寺師匠と私に絵手紙を書いてくれるかいちゃん。

 

 

IMG_3404

 

 

弟のもりちゃん。

 

 

IMG_3380

 

 

一年生のまつもっちゃん。

 

 

 

IMG_3393

 

 

寝転びマン。

 

 

 

IMG_7577

 

 

木寺画伯のお絵描きも炸裂

(大体ウンチくんとおばけちゃん)

 

 

 

 

今月は撮影のない日がほとんどないのです。

 

 

 

生き抜こうFU.

ブログ書こうFU.のみんな

 

 

 

頭回らないんでさようなら。

 

 

 

藤原

我が家の家族写真は

プリクラだったという事実。

 

 

IMG_7565

 

 

 

貧乏だったんだーーー!

写真館で撮ったのなんて七五三の1回だけだー!

 

 

 

IMG_7564

 

 

 

 

お客さんに

「家族写真、毎年撮ったがいい」

と言うのは、自らの経験上とても後悔しているから。

 

 

 

IMG_7569

 

 

 

かわいかったのに〜〜〜〜〜!

チビっちゃい頃〜〜〜〜〜〜!

 

 

 

時間だけは、戻らない。

戻らないんですよ。後悔しても。

 

 

 

 

IMG_7571

 

 

 

 

無理しても撮っとくべきだったなぁ。

 

 

だからうちは息子一人の写真ばっかり。

私が撮るから当然なんだけど。

 

 

 

IMG_7573

 

 

こんなに大きくなりました。

来年20歳、現在美容師目指して修行中。

 

 

時間だけは戻らない。

のです。

 

 

 

 

じゃーの。

 

 

藤原

子どもから教えられること

IMG_2976

障害、という言葉はちょっと違う気がした。

 

IMG_2948

 

 

家族がみんな笑っている。

その中心にいるのは子どもたち。

 

 

IMG_2964

 

 

子どもってのは笑うし怒るし泣くし逃げるし、親はいつもいつもニコニコ笑ってばかりはいられないさ。親が泣くこともある。

 

それは誰でも同じなんだよなぁ。

 

 

IMG_3013

 

 

泣いたり笑ったり泣き真似したり

子どもはみんな忙しい。

 

 

 

IMG_3056

 

 

 

今日出会ったパパママ達は、みんな近い。

家族の距離、夫婦の距離が近い。

 

 

IMG_3090

 

 

「だって、支え合わないと大変だもんねー!」

と顔を見合わせるパパママはみんな優しい顔をしとる。

 

 

 

IMG_3094

 

 

笑ってばかりじゃなかったかもしれん。

泣いたこともたくさんあったかもしれん。

 

 

IMG_3106

 

だけど、

いや、「だから」なのかなぁ。

 

 

IMG_3139

 

 

家族みんなが近い。

 

 

IMG_3163

 

 

「この子がいてくれたからでしょうね〜!マジで!!」

 

 

IMG_3180

 

 

君たちがいたからだって!

愛されまくってるなぁ、君たちは!

 

 

IMG_3186

 

 

あぁ。

息子キズナくんが小さい頃、もっと一緒にいればよかった。

働かないと食べていけなかったけど、もっともっと頑張ればよかった。

 

 

IMG_3193

 

なんて、振り返ってみたりした。

 

 

IMG_3214

 

 

ママ、いい顔してるなぁ!

 

 

IMG_3234

 

 

なんだそのかわいい顔は!まったくー!

 

 

IMG_3269

 

 

とにかく笑う笑う、みんな笑う。

 

 

IMG_3285

 

と思ったら木寺師匠が結婚式を撮ったパパも笑っていた!

おひさしぶりぶり〜〜〜!!

 

 

IMG_3288

 

 

IMG_3308

 

IMG_3328

 

 

なんか泣けたよ。

いのちの強さみたいなものに圧倒されて、泣けた。

 

 

IMG_3279

 

 

人数多すぎて全員は載せられなかった。

ごめんなさい。

本部の方にデータお渡ししておきますので問い合わせてみてください。

 

 

IMG_2951

 

 

 

ありがとう。

出会えてよかったです。

 

 

世界の子どもは人類の宝ぞ。

本当に。

 

 

ありがとうございました。

 

 

藤原

 

 

 

 

 

ご指名があれば

こんにちは。今日はカメラマンとして働いていますカミナリクソババーです。

それにしてもお腹が空きました。

みなさま良き日曜を。

10月最後の日曜、今日は全員カメラマンとして出動です。

職業:バガボンド

何それ!と思うでしょう。

 

木寺氏と共通の友人てんぎょう氏。

いつもどこにいるかわからない。

 

 

 

TENGYO KURA 6

 

 

 

ある時は砂漠に

 

 

 

TENGYO KURA3

 

 

 

ある時は中国に

 

 

TENGYO KURA2

 

 

ある時は猿に

 

 

TENGYO KURA5

 

 

ある時はYMCAの「C」に

 

 

TENGYO KURA 4

 

 

 

たまには日本にもいますが

 

 

 

Tengyo kura 7

 

 

 

ほとんどどこか遠くの国にいます。

もうこの時どこだったかわからん。

ちなみに私の漫才の相方でもあります。

 

 

 

 

 

どうしてこうも私の周りには変な人が多いのか。

 

 

 

 

自由ってなんだろう。

今、やらなくていいのか。

 

 

その時生きている約束ができないから、と未来の約束はしない人。

いろんな生き方がある。

いろんな人生がある。

 

私は、どうだろう。

 

 

やりたいけどできない、と思うのは自分への言い訳だということを気づかせてくれる、木寺氏と私にとって大切な友人です。

 

 

 

 

今日はとら屋のクガッチがカレーパンを持ってきてくれたんだけど、写真現像するソフトがなぜか立ち上がらなくなったから現像できん!明日もう一度やってみよう。

 

 

やるかやらないか、それだけだ。

わかってます。

 

 

さぁ、あなたもご一緒に。

レッツバガボンディズム!

 

 

じゃーの!

 

 

藤原