青く美しきオンガ

blog181214-遠賀川-DSC06344

 

世界三大ワルツにこの度見事加わりましたドナウ改めオンガです。

嘘です。

ちなみにこれは木寺師匠の写真です。

 

久しぶりにブログを書きます。

昨日頑張る年初め岩原俊一(岩ガン原バル俊トシ一ハジメ)くんが久々に投稿しておりましたが、今日は藤原が。なぜか。

年末進行真っ只中で全員ヤバイ状況の中、滞りがちな新人あゆなつのブログに対して昨夜FU.ライングループ内でちょっとしたやりとりがあったのです。

今までは新人に「義務化」しておりました当ブログ。

大変なんですね、実際は。アシスタントしながら作業しながら撮影しながら、ネタを探し写真をアップロードして文章を書くということは、なかなかに。わかっていながらなぜ義務化していたかということです。昨日をもって義務は解除しました。

 

唐突ですが、私は木寺一路というカメラマンの写真(だけ)は本当にすごくいいと思っています。ただ、今の世の中には日々溢れるほど写真があって、その写真の「良し悪し」なんて答えはないとも思っているわけです。世間の評価とは別のところで、誰がなんと言おうとも言うまいとも突き刺さるものがあるかないか。それは写真のみならず絵画でも現代アートでも同じかもしれないけれど。

彼の「世界を見る目」がいいなと思う。

人物も表情も然り、空も花も海もオンガも然り。人としては色々と問題がありますが(木寺さんのお母さんすみません)この人の見ている世界は面白く、驚かされ、感動する。私の心が動くのです。

それは、機材とかレンズとか、誰でも手に入れられるもので作られるものではなく、一人のカメラマンとして、一人の人間として、この世界をどう見るか。何を見つけられるか、どれだけ感じられるか、面白がれるか。それしかないと思うのです。

だから、義務化しました。

当たり前の日常の中に何かを発見し、驚き笑い感動し、人に伝えることができるか。写真をする人にとって、これは何より大切なことだと私は思っています。

 

というようなことをラインで話したところ、ガンバルしゅんちゃんはすぐに反応し、昨夜ブログを書いたようです。そうか〜やってみよ〜と思ってすぐにやってみる、その素直さが彼のいいところだと思います。

 

そんな訳で、これから誰がこのブログで自分の見て、感じた世界を伝えるのかはわかりませんが、どうぞ応援してやってください。

ちなみにコメント機能も復活しました。

FU.の人間を楽しんでいただけると幸いです。私も頑張って書くぞ〜〜〜!

 

多分。

 

ではジャック飲まないといけないので。

じゃーの。

“青く美しきオンガ” への2件のフィードバック

  1. ごきげんよう、塾長です。
    毎度のFU.訪問を楽しんでいる一人です。
    平成の次の世もどうぞよろしくお願いします。

    1. 塾長にはいつも教わることばかり。
      先生、と呼ばれる人だなぁと思います。
      これからもよろしくお願いします!写真もありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>