出産20周年記念おめでとう私

 

そう。

今日は藤原出産20周年記念日。
いわゆる息子20歳の誕生日。
この写真は、20年前の今日の新聞です。

 

 

早いもんだな。

20年なんて、あっという間だ。

 

 

 

 

この言葉だけで、私の人生にも意味があったと思える。
まぁ、目の前に座ってたんだけどw

本当に、この人がいたから私は生きて来れたのです。本当に。本当に。

 

 

 

 

貧乏だったので写真館で写真なんて撮ったことなかった。常に写ルンですです。

 

 

よもや写真の世界で生きる事になるとは思わず。人生って面白いなぁ。

 

 

だから、写真を残すって本当に大切だなと営業トークじゃなくて心から思うんです。自分が後悔してるから。

 

 

 

 

腕の中にすっぽり収まるくらいちっちゃかったのにね。いつの間にか私より全然大きくなっちゃったなぁ。

 

 

しかし藤原の眉毛細すぎだろう。

時代を感じるねぇ。

 

 

 

 

当時の彼はいつもこの格好で、千と千尋のカオナシになりきっていました。ダルマにしか見えんけど。

 

 

 

 

FUデザイナー雄氏、中学生です。

叔父と甥。

 

 

 

生まれてきてくれてありがとう。

どうか、どうか幸せに。

 

 

 

と私信のようなブログを岩手県で書いています。結局不在というオチ。

 

 

仕事の犠牲にしてきたんです。

子どもを。

不甲斐ない親だった。ごめんね。

 

 

 

だけど、愛しているよ。

母ひとり子ひとりで生きてきたね。

ありがとう。

 

 

 

御察しの通り酔ってます。

だって東北は日本酒が美味いんだもんねー!

明日陸前高田に入ります。

 

 

 

さて仕事しよう。

お待たせしている皆さま、すみません。

お前そんなブログ書く暇あったら原稿送れ!とお叱りを受けるの覚悟です。

すんません。

 

 

 

じゃーの!

 

 

藤原